ビル総研、都心空室率は5%で天井打ち 供給減で23年1Q以降は需給均衡の方向

Pocket

Published by
不動産経済オンライン

(提供 日刊不動産経済通信) オフィスビル総合研究所(今関豊和代表)は東京や大阪など主要都市における…

もっと読む

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です