ビル総研、都心空室率ピークは5・1% ―大量供給で需要喚起、賃料5・2%上昇

Pocket

Published by
不動産経済オンライン

(提供 日刊不動産経済通信)オフィスビル総合研究所(今関豊和代表)は東京や大阪など主要都市の今後3年…

もっと読む

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。